ガスガンに関する注意・禁止事項

概要

ガスガン本体及び、関連する物の取り扱い注意・持ち込み禁止に関する事柄を記しております。WTCにお越しになる方、利用される方は一読ください。

使用可能ガスガンについて

ガスブローバック・固定スライドガスガン・ガスライフル・ガスショットガンが利用可能。但し、弾速チェックにてWTCが定めた初速範囲内であること。

利用可能ガス

HFC134a・HFC152a・HFO1234ze・CO2のみ使用可能。さらに条件として、国内メーカー及び販社がエアガン用として販売している物のみ。それ以外のガスは使用はおろか、WTC施設内への持ち込みも禁止。(TOPガス・猛将ガス・エアコンガス・プロパンガス・自作混合ガス・エアダスターなどは禁止)

外部ソースガスガンについて

以下の条件に全て合致すること。(関連記事参照)

  • サンプロジェクト製のレギュレータのみ。それ以外のガスタンク・エアタンクなどの使用は禁止
  • 弾速チェック・ゲームで使用する際はレギュレータの調節ノブを最大(全開)の状態にする
  • 使用できるエアガンはガスブローバックハンドガンのみ
徳島サバゲ 外部ソース

CO2マガジンについて

以下のCO2マガジンの使用及び、施設内への持ち込みは禁止。

  • 蓄圧式CO2マガジン・閉塞型CO2マガジンの使用及び、WTC施設内への持ち込みを禁止(下図参照。APS製などのCO2マガジンで多く見られる)
  • その他、フィールドスタッフが適さないと判断したものはその場で使用不可とする場合あり

特記事項

  • ガスタンク・マガジンを「日光・ストーブ・車内など」で温める行為を禁止(意図的・悪質な場合、入店禁止などの厳重処分)
  • 前項に関連して、WTCが提供しているマガジンウォーマー以外の方法でマガジン・タンクを温める行為を禁止とする(体温除く)
  • マガジンウォーマーに10分以上入れて温めることを禁止
  • マガジンウォーマーの設定温度を変更することは禁止。但し、安全のため電源を切る・温度を下げるなど緊急性がある場合は除く
  • CO2ボンベ・グリーンガスボンベを交換する際は、必ずガスがすべて抜けていることを確認してから取り外すこと
  • 抜き打ちの弾速チェックをスタッフから求められた場合は必ず応じること(断った場合は入店禁止などの厳重処分)
  • ウォーマ機能付きマガジンポーチ使用可能。但し、破損・事故などは使用者の責任とする
  • 初速オーバー時、再測定は行わないものとする(従来通り)
  • その他、スタッフの判断で使用制限・禁止・注意をする場合あり

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です